profile

cropped-IMG_4422-e1461144362800.jpg

新垣 隆吾(あらかき りゅうご)

沖縄県出身

1987年生まれ

幼いころから絵を描くことに興味を持ち、中学から高校の6年間連続で地元新聞社主催の絵画コンクール最優秀賞受賞。高校時代には全国総合文化祭美術部門において2度、また国際交流美術部門オーストラリア派遣で沖縄県代表として参加。SOJOビエンナーレでは審査員特別賞を受賞。

大学は県外に出て油彩を専攻。肖像画の依頼や作品購入の依頼を受けるようになる。また制作と両立して継続して続けてきたバスケットでは、四国大会で4度の優勝、大学四国選抜に2度選出され全国大会出場。

卒業後は沖縄に戻り特別支援学校、2013〜2016年には中国深セン日本人学校で美術教師として勤務する。

これまでの様々な旅で多くの出会いや、環境・文化の違いを体験、また東日本大震災やネパール地震でのボランティア等を経験し、「あたり前とは何か」「幸せとは何か」を考え始める。旅に出ることで知識や経験の幅を広げ、それらを「共感」「共有」したい思い、2016年4月より、地球の旅に出る。

 

【メッセージ】

みなさん、ホームページを見ていただきありがとうございます。

私の物心ついた時の記憶は、石垣島で生活をしていた頃に遡り、「テレビの向こうの日本」という感覚だったことを覚えています。日本に行くには飛行機を使わないといけなく、県外へ出ることは家族の一大イベントでした。

そんな自分がこうして海外に出るとは全く想像もしておらず、学生時代に英語をもっと勉強しておけば…と後悔するばかりです。

しかし、現在こうして海外に出るきっかけとなったのは、多くの方々との出会いや、環境や文化の違いによる「刺激」でした。そうした刺激を受けることで身近な大切なものに気づくこと、感じることがあります。

このホームページを通して、たくさんの刺激を「共感」「共有」し、みなさんと一緒に豊かな日々を過ごしていけたらと思っています。

応援よろしくお願いします。