【世界一の星空】一生に一度は行ってみたい! ニュージーランド南島の「テカポ」が大人気!


ニュージーランドの南島、クライストチャーチから3時間半。

今、「世界一の星空」が見れるということで人気急上昇なのが、「テカポ」という町です。

img_9665(テカポ湖)

img_9677

夜の星空で有名ですが、日中の景色も絶景です。

 

 

img_9684

滞在したのは10月上旬。肌寒く夜はかなり冷え込みますが、太陽が出ると温かく気持ちよく過ごすことができます。

 

町はとても小さく静かで、見かける人は殆ど観光客。建物も宿泊施設とレストランが主です。

img_9714

img_9710

 

ホテルはシーズン問わず非所に高く、バックパッカーには頭の痛くなるお値段です…。

「それでもどうしても行きたい!」という方には、「レイクテカポ ホリデーパーク」というキャンプ場がオススメ!実際に私も泊まってみました。

 

 

ちなみに私は普通のレンタカーを借りていたので車中泊(結果的にちょっと暖房の効いた余暇スペースで寝てしまいましたが…)。

車中泊なら一人一泊18ドル(1300円ほど)。

 

キッチン(鍋や包丁などの調理器具はなし)、トイレ、シャワー、BBQコーナー、余暇スペース、Wi-Fi有り(有料)、子どもたちが遊ぶ遊具、などが使えます。

車中泊の駐車スペースはこんな感じ。

img_9763

 

多くの人はキャンピングカーで来ており、充電も兼ねながら宿泊していました。

img_9762

img_9759

img_3101キッチンから眺める景色。とある家族が絶景の前でBBQをしています。子どもたちにとってこんな経験が、大きな成長に繋がるんだろうなぁ〜。

 

外ではたくさんの鳥類、小動物に出会うことができます。

img_9760

自然の中で生活しているようで、本当に気持ちがいいです。

 

 

 

 

さて、そんなテカポですが、星空以外にこれといった観光地があるわけではありません。目の前に広がる景色だけで何時間でも過ごせます。img_9767

img_9673

 

 

 

しかし、その中でも唯一人気のスポットが、

 

 

「善き羊飼いの教会」

 

 

img_9679(「善き羊飼い」とはキリストのこと。)

 

1935年に建てられたこの教会では、実際に挙式を挙げることもできるようで、これまた人気だそうです。

img_9706

こじんまりとしていますが、石造りの可愛さとマッチしています!

 

img_9689

こんな祭壇で挙式を挙げることができるなんでロマンチックですね!

 

そしてこの場所で見ることができる星空が、さらにロマンチックなのです。

 

 

一度キャンプ場に戻り、夜になるのを待ちます。

img_9717どの時間帯も、美しいものは美しい…。

 

 

夜になりました。

この時期はまだ雨期なので天気予報を確認しながら、ちょっとでも可能性のある日を選んだのですが、はたして・・・。

 

 

夜空を見上げると満天の星空!(月が出ていたのが残念ですが)

 

南半球でしかみることができない星座もあるとのことでしたが、星が多すぎてどれが星座なのかもよくわかりません!

 

 

夜道を進み、良き羊飼いの教会へと向かいます。

 

 

世界一の星空を見に、すでに人が集まっていました。

 

 

 

そして見れたのがこの景色。

img_9736

 

この後、月が沈む時間帯にもう一度チャレンジしようと思いましたが、まさかの雨。そしてかなりの寒さ。

残念でしたが、雨期でもこうして神秘的でロマンチックな絶景を見る事ができたので大満足!

 

写真を撮る事に夢中になり見逃してしまいましたが、いくつも流れ星が流れていたようです。

 

 

 

 

どこを走っても絵になるニュージーランドの南島の風景。

その中でも日中・夜ともに楽しめるテカポは本当に「一生に一度は訪れてみたい場所」でした。

 

みなさんも是非、テカポを訪れてみてください!

img_9769

 


1件のコメント

  1. このレポートで、69年にして初めて「こんなすてきな写真を見たことがない。」と感動した写真を見た。4枚目の写真だ。「苦難を乗り越えたであろう夫婦が手を添えて握り逢う手のぬくもりが伝わり、遠くの万年の歴史を刻んだ白い雪を抱く山々が見守る青い湖水の静けさが、二人の愛を祝福するように誘(いざな)っている様」。なんということだ。しかも、夫である守護神が自然に道路側で妻をカバーしている。
    遠くの雲も、手前の黄金の枯れ草も、声には出ないが、二人を祝福せざるをえない声なき声を発信している。
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
    それもこれも、テカポ湖の神秘的で魔力的な風景がなせる技なのかも知れない。

    それと、協会の星空もいいが、「窓辺の十字架」と「夕焼けで、紅く滲む遠くの山々」も好きだ。
    BBQしている家族の写真は、遠くの風景が自然のスケールの大きさを醸しだし、家族を包み込んでいる様は、正に、「子供達にとっては大きな成長になるだろう。」と言うことで今の隆吾を思い、九州旅行を思い起こさせた。
    行ってみたいところが又増えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA