【ロンドン行くなら必見!】老店舗百貨店『RIBERTY』がオシャレすぎる!ここでしか買えない商品はお見逃しなく


ロンドンの、グレート・マルボロ・ストリートにある老店舗百貨店「RIBERTY」。

IMG_8848

 

1875年創業のリバティ社は、当初アジアの製品や工芸品や流行の商品を扱うお店として開業しましたが、アール・ヌーボーの影響を受け、方向転換します。

 

主に花柄で、生地にぎっしりとプリントされた布を商品として展開していきます。

IMG_8827

「リバティ柄」と言われるものは、この会社がきっかけとなって生まれたものなのです。

 

1924年に建てられたリバティ百貨店の建物は、貴重な建造物でありながら現在も商業店舗として活用されています。

IMG_8782

 

 

5階建ての建物内部はどこを見てもオシャレ。

中央広間上階から見下ろす景観には、思わず見惚れてしまいます。

IMG_8788

 

照明から展示の仕方、扱っている商品まで全てオシャレ!

建物内を歩くだけで楽しめますが、購買意欲が必ず出てきます。あとはご自身で財布と相談してみてください…。

IMG_8791

 

IMG_8792

 

 

ちょっとした所にもこだわりがあるので見逃してはいけません!

実は柱の装飾や壁の模様もそれぞれ違いがあります。商品だけでなく内装にも目を向けて、素敵な空間を楽しみましょう。

IMG_8815

 

 

 現在は衣類や家具、アクセサリーから文房具まで、様々な商品を取り扱っていますが、

IMG_8837

 

やっぱり主役は「リバティ柄」。

IMG_8813

生地その物を販売していたり、

 

IMG_8817

生地を使用した商品があちこちにあったりと、店内は華やか。

(試着室のカーテンもリバティ柄)

 

 

そして興味深かったのは、各メーカーとリバティのコラボ商品。

これまたオシャレな商品が多く、ここでしか買えない商品もあり、好きな人にはたまらないでしょう。

IMG_8822

IMG_8824

IMG_8823  

IMG_8825

 

 

花柄が多いので男性の方は少々退屈…?

IMG_8803

 

 

そんなことはありません!

 

最近は男性が花柄を着ること流行っていますし、ここリバティ百貨店も、地下に男性用の商品を揃えております。

IMG_8826

ビジネスからカジュアルまで、男性でも飽きることはありません!

 

 

見所の多いロンドンですが、ちょっとした時間に気軽に立ち寄れる老店舗百貨店。

リバティ柄発祥の地を感じながら、お気に入りの商品を探しにいってみませんか?

 

 

個人的にですがオススメの場所です。きっと有意義な時間になること間違いなし!

IMG_8836

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA