安藤忠雄×作家×村人 「気持ち」で実現させた感動のエピソード! ドイツの田舎に建つストーンスカルプチャーミュージアムとは


 ドイツの田舎町

IMG_8426

ここに安藤忠雄が手掛けた美術館があります。

その名は

『ストーンスカルプチャーミュージアム』

IMG_8438

 

石の彫刻家で、主に本などを制作するクーバッハ夫婦の美術館です。

 

 

 

田舎道を進むと見えてきました。IMG_8439

自然の中に溶け込む小さな建物。

 

IMG_8464

この小ぢんまりしたこの美術館は、完成までにかなりの時間がかかりました。

 

まずは土地の問題。ここは隣の町との境目にあり、実際美術館の敷地は双方の町にまたがっています。何度も隣町と討論が行われました。また安藤さんは、「建物を建てるために、木を倒すことはしない」と言って元ある木の位置を調査してデザインするなど、様々な観点で議論になりました。

さらにクーバッハ夫妻には予算が足りず、予算の擦り合わせだけで5年の歳月がかかったそうです。

そうしているうちにクーバッハ夫妻の旦那さんが亡くなってしまいます。

 

 

このプロジェクトもおしまいかと思ったところ、村人も声をあげて続行の意を示したそうです。

 

その「気持ち」に心動かされた安藤さんは、専門家が造る箇所と、村人が造る箇所に分け、再度設計を見直しました。

IMG_8508

IMG_8482

建物上部はドイツなどの伝統様式、木骨造り。

この部分を、村人が土日返上で3年の歳月をかけて完成しました。

 

 

クーバッハ夫妻、村人、安藤さんの「気持ち」が詰まった作品の完成です。

 

IMG_8460

IMG_8477

IMG_8461

 

IMG_8487

IMG_8490

 

 

レセプションには安藤さんとクーバッハ夫妻の写真が飾られています。

IMG_8523(安藤さんの左右に写るクーバッハ夫妻)

写真を見ていると、レセプションにいた2人の女性のうち1人が、写真に写る女性を指差し、

「この人よ」

と言い、目の前にいるもう一人の女性も指差しました。

 

 

IMG_1301

クーバッハさん本人でした。

 

「建てる前は辛かったけど、今はこうして建てることができてとてもハッピーです」と語るクーバッハさん。

 

 

作品の材料となる「石」についても聞いてみました。

 

「ドイツにはケルン大聖堂など、石で造られたものはあるけれど精神的なパワーや宗教的なパワーをあまり感じませんでした(人間の力を感じる)。京都に行った時、石の庭園を見て石のパワーを感じました(石が本来持っている力)。」

 

 

今や日本の「禅」はブーム。IMG_2181(大英博物館で見つけた商品。自分でミニ庭園をつくるセットです!)

 

その感覚を実際に日本で感じ取り、自らの作品に生かしたクーバッハさん。

 

作品は主に「本」ですが、そのシンプルさからにじみ出る、石本来の個性や美しさを感じずにはいられませんでした。

IMG_8532

 

IMG_8478(実際に手に触れて石を感じることができます)

 

 

日本で感じたイメージは、建築にも生かされています。

IMG_8527

IMG_8488

館内には日本伝統の造りをイメージした箇所がいくつかみられます。

 

(庭園をのぞむ日本の家)

 

 

 

 

現在も制作を続けているクーバッハさん。現在は本だけでなく、モダンな作品や音を取り入れた作品なども展開中です。

IMG_8520

IMG_8521

IMG_8524

 

 

 

 

 

自然の中に溶け込む、ストーンスカルプチャーミュージアム。

IMG_8452

 

 

完成当時、開館を記念したイベントでは押し寄せた村人が館内に入りきれず、急遽外での開催となりました。そして、そこで安藤さんは、

 

 

「この建物は『おれが造った』という人がたくさんいます。みんなで守っていかなければいけません」

 

 

と言ったそうです。

 

 

 

ドイツの小さな村で、クーバッハさん、村人、安藤さんの「気持ち」が生き続けています。

IMG_8536


1件のコメント

  1.  テーマの中にストーリーがあり、ストリーの中にエピソードがある。いつものパターンだが見る者を引きつける映像と文章力はさすがである。
     FBで題名を募集する写真は見る者を引きつけ、ゲーム感覚での共生を醸し出すところはさすがだ。
    ブログでは、文章の次に写真があるというパターンは意識的なのか。逆があってもいいのではないか。FB形式で問題を提起してみるのもいいと思う。
    「本」の石は「○○岩」と思いますか? とか。クーバッハさんは何歳だと思いますか。とか。
    安藤さんとの写真はいつ頃の者とか。その村はどんな村で、隆吾がそこに行った日付などがあるともっと臨場感が出て、見ている者に親近感を与えるのではないかと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA